巨乳デリヘル嬢との対戦体験談

仲間内のおっぱい大好き星人達による巨乳限定デリヘル嬢にかけた男の果てしないロマンを語る体験談です。

*

デリヘル嬢の価値は巨乳にあり!?

3度の飯より乳が好きぃ?!!! ということで、私たち「乳好き巨チン軍」のデルヘル対戦記を勝手に上げていきますよ。そもそも私の巨乳好きは、思えば中2頃の芽生えだったでしょうか。当時は、まだ公園や河川敷に湿ったエロ本が転がっている牧歌的な時代でした。そこで誰が捨てたか海外のどギツい裏系のエロ本を発見した時に私の心は震えたのではないかと思います。挑発的な目つき腰つき。きらびやかな金銀のヘアスタイル。過度な豊胸手術やあばら抜きの手術などで作り上げられた、アニメのような体型に驚きましたね。まるで小悪魔さんです。その印象がどうしても忘れられず、夜中に跳ね起き、自転車でそこへ。周りをスゴく気にしながら、こっそりその本を持って帰った記憶があります。その本は、結局カピカピになるまで使い倒しまして、最終的には、その本を定期購読するところまでになりました(笑)。いやぁ?随分お世話になりました。また、当時中3だった先輩にものすごく胸の大きなコがいて、そのコのことばかりが気になり始め、史上初「一般人相手に妄想オナニー」をした覚えもありますね。バトミントン部に在籍するそのコがスマッシュを打つたびに揺れるそれは、当時の練習の厳しさを忘れ褪せてくれる何かがありました。そこからは、街ゆく女性の胸ばかりに目がいくようになりました。そういえば初Hも一浪して入学した大学の第二外国語の先生(ロシアの方)。彼女も、ホレボレするほどの爆乳さんでありましたなぁ。そんな歴史を持つ私を筆頭に様々なおっぱい星人たちが織り成すデリヘル巨乳戦記、彼ら独特の巨乳の愛で方、そして呆れるほどのフェチ具合を楽しんでもらえれば幸いです。…対戦? そう、対戦形式で遊んで行こうかと思ってるんですよ。ルールは「最初に昇天した方が負け」という1対1のガチマッチです。その結果を思いの丈とともに報告してまいります。最後に我らのモットーを。おっぱいと夢は大きい方がいい! では始めてまいりましょうか!
私の巨乳好きになったきっかけは成田のデリヘル風俗情報から始まりました!

公開日:
最終更新日:2016/03/01